三ツ星工務店 羽田建設㈱一級建築士事務所

MAIL
TEL

社長ブログ

カテゴリ

消費増税後の家づくりが、とってもお得!

9 知ると得する、お役立ち情報2019/11/22

2019年10月から、消費税が8%から10%に上がりました。

 色々な物が高くなりますが、その中でも住宅は高額の為、2%上がるだけで、支払う消費税も多くなります。

 仮に、家づくりにかかる費用が、1,720万円だとすると(私たちの平均価格帯です)

消費税8%なら、消費税額が137万円。

消費税10%なら、消費税額が172万円

 ある1日を境にして、建物は全く同じものを建てたとしても、消費税が2%上がると、35万円も多く支払わなければならなくなります。

 もし、あなたが、大手ハウスメーカーで住宅を建築したいと考えているなら、その金額はもっと大きくなります。

 私たちと同じ家が、ハウスメーカーでは、3,100万円ほどするでしょうから(2017年度住宅産業新聞調査した、大手ハウスメーカーの平均価格帯です)

消費税8%なら、消費税額が248万円

消費税10%なら、消費税額が310万円

消費税が2%上がれば、62万円も多く、支払わなければならなくなるのです。

今までなら支払わなくてもよかった費用が、必要になってきます。

 過去2回の消費増税では、「駆け込み需要」が発生して、国内景気に悪影響を及ぼしました。

 そこで今回の増税では、住宅の購入に関して、いくつもの対策が取られています。

今回は、その対策についてお伝えしていきます。

押さえておきたい、国の支援制度のポイント

 消費増税前に住宅を購入するほうが得をするのか、増税後に住宅を購入する方が得をするか、日経ホームビルダーの2月号の記事も引用して、ご紹介いたします。

 記事によると、住宅ローン減税の3年間の延長や、すまいの給付金の給付額引き上げ、次世代住宅ポイントの創設など国の手厚い支援のおかげで、住宅ローンで住宅を購入する人は、消費増税後のほうが得をする場合が多くなりそうです。

 後ほど紹介をする、具体的な計算例を使い、消費税の引き上げ前よりも、2019年10月からの増税後の方が住宅購入の負担額が安くなるケースをお伝えしていきます。

さきに、消費増税後の住宅取得の支援策を4つご紹介します。

1つ目は、住宅ローン減税を3年延長して13年に変更

住宅ローン減税とは、ローン残高の1%を所得税などから差し引く制度です。

 増税後、これを2019年10月から2020年末までに住宅を購入した人に限り、控除期間を10年から13年に延長する制度です。

※増税分の2%が還元されます。

2つ目は、すまい給付金の拡充

 すまい給付金は、消費税が8%に引き上げられた際に導入されましたが、消費増税後、給付額を最大30万円から最大50万円に拡充されます。

更に、住まい給付金の対象者の年収の条件が拡大されています。

※消費税が更に還元されます。

3つ目は、次世代住宅ポイント制度の創設

 一定の性能を持つエコ住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品と交換可能なポイントを付与する「次世代住宅ポイント制度」が新しくできました。

 省エネ性能や耐震性能、バリアフリーなどに優れた長期優良住宅の新築に対しては、1戸当たり35万円相当のポイントが発行されます。

※ポイント還元でのキャッシュバックがされます。

4つ目は、贈与税非課税枠の拡大

 父母や祖父母等の直系尊属から、住宅資金の贈与を受けて住宅を新築した場合、現在1,200万円までが、3,000万円まで非課税になります。

住宅ローンの借入金額が多い人ほど恩恵 

 これらの支援策によって、新築住宅の購入者は、どの程度の恩恵を受けるのでしょうか。

 それでは、日経ホームビルダーの記事を引用して、年収600万円の人が、2500万円の住宅ローン(返済期間は35年、金利は1.35%と仮定)を返済する場合の試算した例を紹介します。

〇計算例

前提条件(消費税8%)

1.所有している土地に住宅を新築(年収600万円)

2.建物購入価格=3000万円

3.住宅ローン=2500万円

4.金利=1.35%

5.返済方式=元利均等返済

 前提条件で計算した場合、8%から10%へ消費増税分(建物価格の2%)が増えて、60万円の負担増となります。

それでは、増税後(消費税10%)の、国の支援策による還元分を計算します。

1.住宅ローン控除延長分=約55万円(11年目~13年目)

2.住まい給付金拡充分=30万円

3.次世代住宅ポイント=35万円

1~3を合計した還元分の合計額は、120万円になります。

 消費税2%の負担増の60万円から、還元分120万円を引くと、なんと60万円得をします。

 計算の結果、住宅ローン控除延長分やすまい給付金、次世代住宅ポイントなどと合わせると、消費増税分の2%(60万円)を2倍も上回ることが分かりました。

 あくまで大まかな試算ですが、住宅ローンの借入金額が多い人ほど、恩恵を受けやすい事が分かります。

一生に一度あるかないかの家づくり。

家づくりには、時間が必要です。

車のように、完成品を購入する訳ではないからです。

 一般的な工事期間は、請負契約をしてから4ヶ月から5ヶ月くらい経たないと、引き渡し(家が完成し住めるようになる事)することが出来ません。

 マイペースで余裕をもってスタートし、じっくり検討すれば良いのですが、まだ大丈夫だろうと、ギリギリまで、重い腰をあげずに遅いスタートでは焦りを生みます。

金利動向も含めて、いろんな意味で焦らない場合が良い時もあります。

 是非、総合的に考えて、本当に建てたいタイミングを見極めて家づくりをしてほしいと思います。

家づくりのタイミングや、何で得をするのか分からなければ。

 国は消費税率引き上げ後の住宅需要の落ち込みを回避するために、手厚い支援策を講じています。

 気持ちに余裕を持ってスタートをされたい方、どのようなタイミングでの家づくりが得をするのか分からない方は、弊社にご相談を下さい。

あなた様の住宅ローンの借入額や資金計画に応じて、一級建築士の羽田博人やファイナンシャルプランナーが、あなたの質問、疑問、悩みの全てを、じっくりとお聴きし、あなたの家族オリジナルの解決策をご提供します。  

追伸

 しかし、拡充される住宅ローン減税や住まい給付金と、次世代住宅エコポイントには、それぞれ申し込み期限があります。

①住宅ローン減税:2020年12月末までに入居。

②住まい給付金:2021年12月末までに入居。

③次世代住宅エコポイント:2020年3月末までに契約

 平成30年12月21日に国土交通省から発表された、消費税10%に引き上げした後、拡充される住宅ローン減税や住まい給付金と、次世代住宅エコポイントが復活する資料も併せて添付いたしますので、ご参考にして下さい。

住宅取得への国の支援策はこちらをクリックしてください。

工務店が言わないZEHの問題点!

9 知ると得する、お役立ち情報2019/09/28

太陽光発電や蓄電池といった様々なシステムを導入したZEH住宅(以下ZEHと略)は、光熱費やエコの観点からメリットがあると言われています。

しかしZEHには、一般の消費者が知らない大きな問題点があります。

今回は、工務店の営業マンが言わない、ZEHの問題点についてお伝えします。

そもそもZEHとは

その前に、ZEHについて改めて説明をします。

ZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、高い断熱性能、省エネ設備、太陽光発電システム、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)などを備え、消費を上回るエネルギーを自宅で発電して、エネルギー収支をゼロまたはプラスにするエコ住宅のことをいいます。

ZEHの4つのメリットと4つのデメリットを、簡単にお伝えします。

メリット

①高い省エネ性で光熱費を抑えられる。

②浴室等のヒートショックを防ぎ健康に暮らせる

③資産価値が高くなる。

④補助金が受け取れる。

デメリット

①価格が高くなる。

②売電価格が下がっている。

③発電量が不安定。

④窓の大きさと多さ・吹き抜け・リビング階段等に制限がある。

等が挙げられます。

デメリットもありますが、ZEHは、省エネ性が高く光熱費が安くなる住宅だという事は、お分かりいただけたでしょうか。

ZEHの問題点は?

しかし、少し考えてほしい事があります。

それは、家づくりをするにあたり、住宅性能で大事なことは、省エネと光熱費が安くなる事だけでしょうか?

違いますよね。

家づくりをするにあたり、省エネ性や光熱費が安くなることも大事ですが、耐震性や耐久性などの安全性も大事ですよね。

北海道や熊本県の震度7の大地震の被害や大型台風の被害が報道される中で、住宅が損壊あるいは倒壊しているのを何度も見ると地震や台風の性能を考慮した家づくりを意識するのが当然ではないでしょうか。

特に岐阜県や愛知県では、南海トラフ大地震がいつ起きてもおかしくなく、耐震性を意識するお客様は大変多いです。

それでは、ZEHの耐震・耐風性はどうなんでしょうか?

結論からいうと、ZEHに耐震・耐風の基準はありません。

ですからZEHにしたからと言って、耐震・耐風性がある住宅にはならないのです。

つまり、ZEHの問題点とは、耐震・耐風性や耐久性の基準がないという事なのです。

私も、多くのお客様からご相談を受けて、ZEHは耐震・耐風・耐久性もある住宅だと勘違いをされているお客様が非常に多いと感じています。

家づくりを考えているあなたには、ZEHで建てても耐震・耐風・耐久性のある住宅でないことをお伝えしたかったのです。

ZEHだから耐震・耐風・耐久性も高いという勘違いに気づいてもらい、ZEHの住宅をいかに耐震・耐風・耐久性が高くなるように工夫していくかが重要なポイントになります。

ZEHの耐震・耐風・耐久性を高くするには?

それでは、家づくりをする時に、ZEHと耐震・耐風・耐久性を両立させることは可能なのでしょうか?

実は、ZEHと耐震・耐風・耐久性を両立させる事は簡単なのです。

その簡単な方法が、ZEHと長期優良住宅を組み合わせる事です。

長期優良住宅とは、住宅の耐震・耐風性(構造)や耐久性(劣化対策)、維持管理、断熱性(温熱環境)などの項目に対して、最高基準の性能が決められており、設計と工事段階で第三者検査機関に検査をしてもらえる、国の性能認定付住宅です。

ZEH住宅の省エネ・総エネの特徴に、長期優良住宅の耐震・耐風・断熱・耐久性・メンテナンス性の特徴を組み合わせる事で、一歩先をいく住宅の性能になります。

今後、見学会などで営業マンからZEHの説明が有った時は、耐震・耐風・耐久性の性能基準も併せて確認する事が重要です。

追伸

弊社でも、ZEH住宅と長期優良住宅を組み合わせた、ZEHMeguru(めぐる)に取り組んでいます。

詳しくは、弊社のホームページをご覧ください。

↓ ↓ ↓

住宅業界の客集めイベントの裏事情!!

9 知ると得する、お役立ち情報2019/08/14

キャンペーン.jpg

キャンペーンは、売り込むための口実になっているケースも

週末に「○○キャンペーン」や「○○住宅フェア」などの広告を見ることがあります。
実はここに落とし穴がいくつも存在します。
例えば、実際にあなたが住宅展示場や見学会に行ったとします。

あるタイミングで営業マンがこのような話をしてきました。

「今回はキャンペーン期間中なので、抽選に当たると太陽光発電がついたり、ほかにもたくさんの特典がついた住宅をお安く建てられます」
「たとえ抽選に当たっても、建てるかどうかはその時に決めてもらえばいいですし、抽選に外れても何もデメリットはありません」
「まずは、抽選に申し込みだけされたらいかがですか」

営業マンの言葉を信じて、軽い気持ちで申し込んでみました。

すると数日後、営業マンが「住宅の抽選に当たりました! 当選してから1週間以内に契約を済ませてください」と言ってきたのです。

契約するかどうかも決めていないのに、勝手に間取りをつくられ、さらには勝手に敷地の調査まで行っています。
最後は「こんなに特典がついているので、早く契約した方がお得です」と言って、契約を急がせます。

ここに大きな落とし穴があります。

まず、住宅展示場や見学会に行かれる際に気をつけてもらいたいポイントを3つ挙げてみます。

1 ○○キャンペーン中と言われて申し込む抽選は、住宅を売り込むためのキッカケをつくる口実
2 短期間で契約させるのは、ほかのメーカーの住宅展示場や見学会に行かせないため
3 契約後、次々と追加工事の費用が発生し、結局金額が高くなる。

何も知らずに営業マンの話を聞いていると「買うなら今しかない」と思ってしまうかもしれません。

でも、高い買い物なのに焦って契約をする必要があるのでしょうか。
そんなに焦らなくても大丈夫です。いつ建てても金額は変わりません。

なぜか――。
工務店のチラシを見てください。いつも広告の見出しは「○○キャンペーン」「○○住宅フェア」「○○記念」ですから。

羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp

クローズド工法で、新築住宅を建ててはいけない理由!

9 知ると得する、お役立ち情報2019/07/13

1419384.jpg
クローズド工法、聞きなれない言葉だと思います。

これからお話するクローズド工法を知ってもらえば、十数年後にリフォームができないという問題はなくなります。
今後の家づくりで参考にしてほしい内容なので、詳しく説明をしていきます。

初めに、一般的な戸建て住宅の工法として挙げられるのは、木造軸組工法(在来工法)・2x4工法(ツーバイフォー)・プレハブ工法(木質系・鉄骨系・コンクリート系)等が挙げられます。

更に、建築業界では、木造軸組工法(在来工法)と2x4工法(ツーバイフォー)を「オープン工法」と呼び、大手ハウスメーカーのプレハブ工法(木質系・鉄骨系・コンクリート系)を「クローズド工法」と分けて呼んでいます。

それでは、オープン工法とクローズド工法の違いについて説明をしていきたいと思います。

オープン工法とクローズド工法の違い

オープン工法とは
家の造りの情報が、一般的に広く公開されている工法です。
例えば、構造図・施工図を見れば、壁のどの部分に、どんな部材が入っているのかが分かるので、どこの建築会社に頼んでも、リフォームやメンテナンスができます。
木造軸組工法(在来工法)は、オープン工法です。

クローズド工法とは
ハウスメーカー各社の独自技術で造られている工法です。
独自技術の為、企業秘密として一般的に公開されていません。
例えば、構造図・施工図などの情報は、建築したハウスメーカーしか把握していないので、リフォームやメンテナンスも建築したハウスメーカーしかできません。
プレハブ工法(木質系・鉄骨系・コンクリート系)は、クローズド工法です。

「リフォームができずに困っています」

今回、この内容を書こうと思ったキッカケは、〇日新聞の記事を読んだからです。

その記事では、愛知県西部の住宅地で、Aさんはハウスメーカーに依頼して住宅を建築。
十数年後、この家では1m位のコンクリートの部材が落下したり、外壁がはがれそうになる不具合等が続いたそうです。

そこでAさんは、第三者の住宅診断会社に調査を依頼したところ、「調査に必要なので、構造図や施工図を出してほしい」と言われたが、Aさんは、ハウスメーカーから受け取った記憶がない。

そこでAさんは、住宅を建てたハウスメーカーに問い合わせをしたところ、「クローズド工法だから構造図や施工図は教えられない」とハウスメーカーに断られリフォーム工事が出来ずに困っていると記事に書いてありました。

この記事を読んで私は、クローズド工法のデメリットを知らずに家づくりをして、〇日新聞の記事のようなお客様を減らしていきたいと強く思いました。

クローズド工法による、お客様のデメリット

それでは、クローズド工法のデメリットについて、3つお話していきたいと思います。

① クローズド工法は、他の建築会社にリフォームの依頼ができない。
クローズド工法の最大のデメリットは、お客様は「ハウスメーカーの言いなり」になるしかないことです。
ハウスメーカーの言いなりとは、クローズド工法の場合、ハウスメーカーから構造図も施工図もお客様は貰えません。

構造図も施工図も無いので、リフォームする時に「間取り変更」といったリフォームについても、他の建築会社では分からないため、相談もできないのです。
その為、他の建築会社にリフォーム工事を頼むことができなくなります。
つまり、ハウスメーカーにとっては、家を新築した後は、他の建築会社とリフォームで競合になることが無く、リフォーム工事が受注できるようになるのです。

② クローズド工法は、他の建築会社と相見積もりをしても比較ができない
見積もりの金額が、高いのか安いのか他の建築会社と比較ができません。
ハウスメーカーから「このような工事内容ですと、○○円です。」と言われれば、その通りに支払うしかありません。

お客様は、他の建築会社と見積もりの比較をすることができない為、クローズド工法のリフォーム工事は、他の建築会社と競合がなくリフォーム費用がとても高くなります。

③ クローズド工法は、建てたハウスメーカーに不満があっても、付き合わなくてはいけない。
クローズド工法の場合、住宅に不備があっても、経年劣化なのかメーカーの施工ミスなのか、その家を建てたハウスメーカーしか判断できません。

ハウスメーカーが、施工ミスをしていても隠せてしまうのです。
つまり、ハウスメーカーの対応に不満があっても、クローズド工法で建てると、他の建築会社でリフォームできないので、後々のリフォームやメンテナンスの事を心配して、他の建築会社に変えることもできないのです。

最後に
建設後に長く住む住宅は、メンテナンスやリフォームが必ず必要になります。
60年保証と宣伝しているハウスメーカーもありますが、上場企業であっても、世の中に倒産しない会社などありえません。

クローズド工法は、その工法を採用している会社しかリフォームやメンテナンスが出来ない為、その会社が倒産をすればリフォームもメンテナンスもできません。
オープン工法の住宅なら、他の建築会社でも直せますし、多くの情報を調べる事もできます。

オープン工法であれば、どの建築会社でも工事ができて、一般的に広く流通している材料を使用できるので、リフォームやメンテナンスの費用も安くなります。

ハウスメーカーのクローズド工法のデメリットを3つお伝えしましたが、お客様へのメリットがほとんどなく、デメリットばかりが目立つ工法だと感じて頂けたのではないでしょうか。

ハウスメーカーは、クローズド工法のデメリットをお客様に伝える事を一切しません。
今後の家づくりのポイントとして、オープン工法とクローズド工法の違いを知っていただき、住宅会社選びの参考にしていただけると幸いです。

追伸
更に、お客様のリスクを減らすために、オープン工法の木造軸組工法(在来工法)の場合、長期優良住宅で家づくりをする事を、弊社はお勧めしています。

何故なら、長期優良住宅は今まで説明してきたリスクである「構造図」や「施工図」の他に「工事中の写真」まで必ず建築会社から貰えます。
長期優良住宅は「構造図」や「施工図」と「工事中の写真」をお客様に渡す事を法律で義務化されている、とても安心な制度だからです。

正直な見積書・ウソつきな見積書

9 知ると得する、お役立ち情報2019/06/15

見積書.jpg
最初に渡す見積書に「値引き分」に上乗せ!

今回の内容を見たみなさんが住宅業界に不信感を抱いてしまうのではないか――そんな思い
から躊躇していた話があります。

実際に、このような事実がある以上、お伝えしないとみなさんが騙されてしまうかもしれません。

そこで、これから家を建てる人たちのため、住宅業界の事実をお伝えすることにしました。

その事実とは、住宅の値引きを使った販売手法に関する話です。

では、その具体例を挙げてみましょう。

たとえば営業マンに「今、キャンペーン期間中なので、期間内に契約いただければ200万円の値引きができます」と言われたとします。

「今契約しなければ損だな」と思ったあなたは、200万円の値引きにつられて契約。

その時点で落とし穴にはまってしまうのです。

その落とし穴とは――そもそも最初に出てくる見積り金額が、最初から値引きを前提に計算されていたのです!

本当の見積り金額は2000万円なのに、値引き分の200万円を上乗せして、マイホーム計画者に2200万円の見積りを見せる。

実際には値引きをしていないのに、マイホーム計画者は値引きしてくれたと勘違いしてしまい、契約をしてしまう訳です。

なぜこのようなことができるのか。

はじめから金額が決まっている車や家電等の商品と違って、住宅はまったくゼロの状態から見積書をつくります。

住宅はもともとの定価がないため、工務店が見積り金額を操作しても、一般の人にはなかなか見抜けないのです。

もちろん、ほとんどの工務店は値引きを前提とした見積書なんてつくってはいません。

ただ、工務店の中にはそのような会社もあるということを知っておいてください。

そして、このような工務店に騙されないためにも、契約を急がないようにしましょう。

羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp

羽田建設㈱一級建築士事務所の
3つの約束

約束1
営業活動はせず、
お客様ペースの家づくりをします。
約束2
全国で使える、正しい家づくりの
基準と情報を、セミナーガイドブックで
お伝えします。
約束3
あなたらしいこだわりの注文住宅を、
適正価格で実現できる、自然素材の
性能認定付住宅を自社施工で建てます。

注文住宅建築対応エリア

岐阜県
岐阜市 羽島市 岐南町 笠松町 各務原市関市 瑞穂市 北方町 大垣市 美濃市
山県市 本巣町 大野町 池田町
愛知県
一宮市

プラン作成や、お見積もりのための
個別相談は、予約制にて行っております!まずは、お問い合わせください。

※来社のご予約をされない場合、お話をお伺いできない事がございます。

  • TEL:058-246-9327営業時間/ 9:00~17:00 休業日/火・水・祝日土日は営業しています!クリックすると電話がつながります。
  • メールからのお問い合わせクリックしてお問い合わせフォームへ

プライバシーポリシー