三ツ星工務店 羽田建設㈱一級建築士事務所

HOME
MAIL
TEL

社長ブログ

カテゴリ

岐阜 職人会第2弾!!

社長宅の新築日記2009/08/30

 今日は協力会社さんのご紹介をしていきます。

 まずは、外壁工事をお願いしている愛ホームの常川社長です。↓

愛ホーム常川社長

 続きまして、木材などの購入先である中部木材の担当小川さんです。
ちなみに、小川さんは会長の代からのお付き合いで30年近くになります。↓

中部木材担当小川さん

 最後に、白アリ工事やベランダの防水工事をお願いしているIGコンサルティングの
担当の中山さんです。

一昨日、会長の家の白アリ点検ということで中山さん自身が床下にもぐって
点検してくれました。
さんきゅーぴかぴか(新しい)手(パー)

余談ですが、IGコンサルティングさんとは耐震診断や耐震補強工事でも協力しています。↓

IGコンサルティング担当中山さん

今回はご紹介ということでここまでです。
次回からまた工事のBLOGをアップしていきます。家

それでは、次回の更新は9月2日くらいを予定していますのでお楽しみに~るんるんわーい(嬉しい顔)

ちょっと残念なことと、木は生きていた!

社長宅の新築日記2009/08/28

 ますます涼しくなりましたね。皆さん風邪は大丈夫ですか?
新型インフルエンザも流行っていますし、手洗いとうがいは忘れずにしましょうね。

 今日はちょっと残念なことを書きます。
私の住宅は色々と新しい試みを取り入れて実験をしています。
そこで良ければ、お客様にもお勧めしようかなと思っています。

 今回新しい試みとして、フクビからでた制震装置を取り付けようと思い
着工前から営業マンと打ち合わせをしておりました。

そして制震効果のシュミレーションをしたら地震力の減衰効果が29%で
非常に効果がありそうでしたので、取り付けようと思ったのですが…

実際に工事に入り、現場にて打ち合わせをしたら、取り付けられないことが
判明しました。がく〜(落胆した顔)

フクビの営業マンは、構造が見える住宅には対応していないことを知らず、
私としては取り付けれず残念でした。

ちなみにこのような商品です。ご興味のある方はホームページをご覧になって下さい。↓

フクビ化学工業

 木は生きていることを実感しました。

天井に杉板が貼ってありますが、今年は梅雨が非常に長く、湿度が高い状態でした。

その為、杉板が水分を吸収しすぎて膨らんでしまいました。ふらふら

ブルーシートが梅雨ではずせなかった為、室内の空気の入れ替えができず
湿気が充満してこのようなことになりました。↓

天井膨らみ全景

天井膨らみ

このような現象は自然素材の住宅なら、当然ありえることですので
木が生きていることを実感しながら、引っ越し前に貼り替えます。たらーっ(汗)

五感が楽しめる住宅の出来上がりが待ち遠しいです。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

それでは、次回の更新は30日ぐらいを予定しておりますので次回もお楽しみにかわいい

どんどん工事が進みます!

社長宅の新築日記2009/08/24

 最近は、朝晩涼しくなり、過ごしやすくなりました。
しかし昼間は暑いので、棟梁は大型扇風機を使って頑張って仕事をしてくれています。

雨楽な家は手仕事が多いため、棟梁は木材を一本一本吟味して電動カンナがけをしていました。↓

棟梁さんの手仕事

筋交いや構造金物の取り付けが終わったら、窓サッシを取り付けていきます。
サッシ屋さんの写真を撮り忘れたので、後日紹介しま~す。あせあせ(飛び散る汗)

窓サッシ

工事もどんどん進んでいますので、遅れないようアップしていきます。ダッシュ(走り出すさま)
次回更新予定日は28日くらいです。次回もお楽しみに!わーい(嬉しい顔)

続・上棟後の工事

社長宅の新築日記2009/08/22

 上棟後、色々な工事が並行して進んでいきます。

室内の工事はお大工さん以外にも、水道屋さんや電気屋さんが工事をしていきます。

 今日は、電気工事の説明です。

配線やソケットが網の目のように取り付けられていきます。

「雨楽な家」は建物の構造を見せる造りのため、一般的な住宅の電気配線と
比べると、コンセントやスイッチが好きな位置に取り付けられない場合があるなど、
色々な面で制約はありますが、木が好きなのでやむを得ませんね。↓

電気配線工事

 棟梁は筋交いや構造金物の取り付けが終わったら、
床の断熱材工事をしていきます。↓

床の断熱材

ちなみに床の断熱材を止める専用の金具があるのですが、
工務店さんによってはコストダウンを図る為、専用の金具でなく
釘で代用している場合もありますのでご参考までに。↓

床断熱材専用金具

 工事の案内はまた引き続きアップグッド(上向き矢印)していきます。
次回の更新予定日は24日です。お楽しみに~わーい(嬉しい顔)手(パー)ぴかぴか(新しい)

お盆休みも終わってしまいました…。

社長宅の新築日記2009/08/20

 前回ご案内した雨楽な家の内覧会ですが、お盆休みにも関わらず、
多数ご来場下さいまして誠にありがとうございました。

 また、9月5・6日に開催します「木の家博覧会」の参加希望のメールも
たくさん頂き、ありがとうございました。
「木の家博覧会」はBLOGのご案内のみでしたが、BLOGが皆さんに
読んで頂けていることを実感し、嬉しく思います。

 それでは、上棟後の工事をご説明していきます。

 上棟が終わったら、屋根瓦工事に入ります。↓

屋根瓦工事

 瓦工事を先にするのは、雨が降っても中が濡れないようにするためです。ひらめき
ちなみに瓦工事を先にするというのは、在来軸組み工法の特徴ですので
他の工法も同様というわけではありません。
改めて在来軸組み工法が、梅雨や台風の多い日本の気候・風土に
適していると感じました。

 室内では、棟梁は筋交いや構造金具の取り付けをしていきます。↓

筋交い

構造金具

 木は反ったりしますので、棟梁が一本一本吟味して取り付けしていきます。↓

木の吟味

 次に、水道工事をしていきます。
ここも工事後は隠れて見えなくなる部分ですが、重要なポイントがあります。

 1つ目のポイントexclamationは、2階のトイレの流水音を小さくする為に使っている、
「音ナイン」という防音材一体型のグレーの排水管です。

少しコストは高くなりますが、お施主様の家には全棟採用しており、
お施主様にはご好評頂いています。

(「音ナイン」について詳しく知りたい方は、
シーシーアイ株式会社のHPをご覧になって下さい。)

 2つ目のポイントexclamationは、「さや管ヘッダー」という青い給水管です。

この給水管のメリットは、つなぎ目がなく、水漏れしないことと
将来的に管を交換する際、簡単に交換できるつくりになっていることです。
(写真には写っていませんが、お湯の管はピンク色をしています。)

こちらも少しコストは高くなりますが、お施主様の住宅には全棟採用しております。↓

水道管

 それでは、今日はここまで。
工事はどんどん進んでいきますので、続きをお楽しみにしていて下さい。わーい(嬉しい顔)

次回更新は24日くらいを予定しております。手(パー)ぴかぴか(新しい)

緊急のお知らせです!!

イベント案内2009/08/10

 
 ひらめきお盆休みに「雨楽な家」を見たい方へお知らせです。ひらめきイベント

 8月12日から16日まで内覧会を開催します。
詳しい内容は下記の案内をご覧になって下さい。

 今回の内覧会は雨楽な家の会員(工務店)さんの合同で行います。
受付をスムーズに進めるために、受付時に「羽田さんの紹介で来ました」
とお伝え下さい。

詳しい案内はこちら↓(クリックすると大きく表示されます。)

雨楽な家広告

地図を大きく載せておきます。↓(クリックすると大きく表示されます。)

雨楽な家内覧会地図

 今回は営業の鈴木さんが対応してくれます。

鈴木さんと一緒に、雨楽な家を主催しているリックの丸山先生も
私の家を気にして見に来てくれました。

左が丸山先生で、右が営業の鈴木さんです。↓

リックの丸山先生と鈴木さん

 ちなみに、私の家を使って9月の5・6日に「木の家博覧会」を開催します。家イベントぴかぴか(新しい)

ご興味がありましたら、メールに「木の家博覧会参加希望」と明記し
住所とお名前を書いて送信して下さい。
後日、詳しい地図とご案内を郵送致します。

(送信先)info@hadanoie.jp

 それでは、次回の更新はお盆休み明けになります。
21日くらいまでに更新予定ですのでお楽しみに~るんるんぴかぴか(新しい)

今後の工事をして頂く職人さんのご紹介!

社長宅の新築日記2009/08/09

 今回は、今後の工事をして頂く、羽田建設の職人会の皆さんを
ご紹介しようと思います。 

 まずは、木造住宅で一番の要となる棟梁です。↓
右から玉井棟梁と三浦棟梁で、2人で私の住宅の工事をして頂きます。

右から玉井棟梁、三浦棟梁

 次に、電気工事をして頂く大光電設の山本社長です。↓

大光電設さん

 屋根のガルバリウムと雨ドイ工事をして頂く田中板金さんです。↓

田中板金さん

 瓦屋根工事をして頂くオザワコーポレーションの増田さんです。↓

オザワコーポレーションさん

 あと、今回初めて警備保障の工事をします。
私は日本ガードALSOK(アルソック)さんにお願いしました。
今回写真がないのですが、細かい打ち合わせは和田部長としました。

工事などは営業部エリアマネージャーの名和さんが担当です。↓

日本ガードALSOK名和さん

 職人会の皆さん、よろしくお願いしますね~わーい(嬉しい顔)

それでは、次回の更新は、明日10日の予定です。
お楽しみに~るんるんぴかぴか(新しい)

実験的に取り入れたポイント

社長宅の新築日記2009/08/03

 ポイントの前に今年の梅雨は長いですね。雨

私の住宅も上棟が終わったら雨が降っても大丈夫なように
全ての壁に青い雨除けのシートを取り付けていきます。↓
(もちろん全てのお施主様の住宅も同じようにしています)

雨除けのシート

たまに雨が降っていても雨除けシートを取り付けず、雨ざらしになった住宅を
見かけますが、そういう建築現場を見て、みなさんはどう思いますか?

それでは、

ひらめき実験ポイント1ひらめき

 今回の私の住宅の土台は、乾燥土台の新商品、「檜」を使いました。
今まで、乾燥土台には「檜」がありませんでしたが、国産材のため、
目が詰まっていて固く、丈夫で長持ちするので今回取り入れてみました。↓

檜の土台

写真の檜にたくさんの穴が空いているのがわかりますでしょうか。

この穴は、防腐・防蟻処理のための薬剤を注入する穴です。
この穴に防腐・防蟻の薬剤を注入することによって、
腐朽や白アリに対して強く、より丈夫な土台になるのです。

もっと詳しく知りたい人はホームページをご覧下さい。(株式会社ザイエンス)

ひらめき実験ポイント2ひらめき

 屋根の温度を下げるために、遮熱透湿ルーフィングを使用してみました。
(ルーフィングとは、防水シートのことです)

パンフレットにいいことが書いてあったので、それを信用して取り入れてみました。(笑)

さて、実際はどうでしょうか…
結果は完成してからご報告致します。わーい(嬉しい顔)

遮熱透湿ルーフィングです。↓

ルーフラミテクト

パンフレットを添付します。↓
(クリックすると大きくなります)

ルーフラミテクトパンフレット

詳しくはホームページへ。(セーレン株式会社)

 まだ他にも実験的に取り入れたポイントはたくさんありますが、今日はここまで!
次回からは上棟後の工事の案内をしていきます。

次回の更新予定日は9日くらいです。お楽しみに~ぴかぴか(新しい)

上棟2日目編

社長宅の新築日記2009/08/01

 今日も奇跡的に晴れました。私は晴れ男でしょうか?晴れ
余談ですが、遊びに出掛けて雨に降られたことがあまりありません。

 …ということで、2日目は、屋根の下地工事です。
上棟工事の中で屋根の下地工事が一番時間が掛かります。

今回の私の家の屋根は、パネルで造っていきました。

こんなに大きな屋根パネルを取り付けていきます。↓

屋根パネル

お大工さんも取り付けに3人がかりです。↓

屋根パネル取り付け

半日かかって、やっと屋根工事が半分終わりました。↓

屋根工事全景

 さあ、残り、ラストスパートです。モータースポーツ

お大工さんの頑張りで、なんとか2日目までに屋根の下地工事まで
終わることができました。

屋根下地工事完了

屋根下地工事完了2

 ここまで来ると、家の形がほぼ分かるようになります。家

屋根の上から見る景色は気持ちがいいですね~るんるん

 今年の梅雨は雨が多く、工事も大変ですが
2日間奇跡的に晴れて良かったです。手(チョキ)

 それでは、次回のBLOGは自分の家に実験的に取り入れたポイントを
ご参考までにご説明したいと思います。

次回の更新日は3日頃を予定してます。お楽しみに~手(パー)

上棟の1日目午後編

社長宅の新築日記2009/07/29

 毎月郵送している情報誌の編集作業の追い込みで
BLOGの更新日が遅れました。もうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)(by staff沖)
 

 今回、私の住宅の木材やプレカットの手配や打ち合わせをして頂いた
株式会社山西さんのスタッフを紹介します。

向かって右から営業の松本さん(石黒取締役事業部長が西春店で一番優秀な
営業マンと言っておりましたぴかぴか(新しい))、プレカットの谷野宮さん、西春店支店長の吉田さん、プレカットの若尾さんです。↓

株式会社山西さん

 それでは、午後からの工事がスタートです。

まず2階の柱を全て立てていきます。↓

2Fの柱を立てる

柱を立て終わったら、2階の梁工事です。↓

上棟全体14日午後

2階の工事の途中で玉井棟梁が住宅の垂直に誤差がないか、
全てチェックしていきます。↓

建て起こしの確認

そして、2階の梁工事が終わったら、屋根工事に進んで行きます。

最初に小屋束(こやづか)工事。↓

小屋束工事

次に母屋(もや)工事。↓

母屋工事

屋根の垂木(たるき)工事。↓

屋根大垂木工事

屋根大垂木工事2

 …と、ここまで進むと家の全体イメージがつかめるようになります。家

14日の工事はここまでです。

次回15日の上棟のBLOGは8月1日までにアップする予定です。
お楽しみに~~ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

お待たせしました!!7月14日にようやく上棟しました~~~!!

社長宅の新築日記2009/07/25

 私の家の上棟は、2日かかりましたのでBLOGは4回に分けて書いていきます。

第1回目は、14日午前編です。

 
 それでは、上棟スタートです!!モータースポーツ

 朝7時半から、まず、会長が家のお清めの儀式をしました。
北東の表鬼門から時計回りに家の四隅にお清めのお酒をまいていきます。↓

上棟お清め

 その後、お大工さんの前で工事の注意事項の説明をし、
お清めのお酒で乾杯です。(実際には飲みません。形だけです。)↓

上棟説明

今回の上棟工事をするお大工さんの集合写真です。↓

上棟お大工さん集合

 まずは1階の柱を全て建てていきます。↓

上棟はじまり

上棟全体午前

 そして、通し柱もドカンと建ちましたexclamation×2
 
上棟通し柱

1階の柱が建て終わったら、梁工事です。↓

上棟梁

上棟梁の上のお大工さん

staff沖のコメント目

 お大工さんはまだ不安定な梁の上を歩くので、見てるこちらが緊張してしまいましたが、
落ち着いて手慣れた様子で作業をするお大工さんに「職人技」を見ました!ぴかぴか(新しい)

上棟全体午前2

 こんな感じで工事が進んでいきますが、雰囲気は伝わりましたでしょうか?

午前中でここまで工事が進みました。

 引き続き、次回は14日午後の工事を紹介していきます。
27日くらいに更新予定です。お楽しみに~~手(パー)ぴかぴか(新しい)

7月14日に無事上棟できました!!

社長宅の新築日記2009/07/18

 前回のブログで、上棟を7月13日(木)に延期するとお伝えしましたが、
その日も雨の予報だったので、また翌日に延期しました。

本当なら、上棟のブログを書きたいのですが、先に『基礎工事のポイント』を
お伝えしていきます。

ただ、技術的なことを書いても分かりにくいと思いますので、
基礎を見れば、誰でも簡単に手抜き・欠陥がわかるポイントをお伝えします。

ひらめき誰でもわかるポイント1

『住宅の基礎の幅は、15cmで造りましょう。』

立ち上がり部分

基礎の幅150mm

 理由は基礎の幅が15cm以下だと基礎の耐久性(かぶり厚さ)が悪くなるからです。

その他にも理由はいろいろありますが、専門的な話になる為、
詳しく知りたい方はご連絡下さい。

他の工務店さんだと基礎の幅は12cmが多いのですが、
その場合かぶり厚さが不足して、耐久性に問題がでてきますので
よく注意して下さい。

 羽田建設は全ての住宅の基礎の幅を15cmで造っています。

ひらめき誰でもわかるポイント2

『アンカーボルトのチェックをしましょう。』

 弊社では毎月、お客様が家づくりに役立つ情報を無料で郵送しております。
今年の5月に郵送しました基礎工事のチェックポイントの記事を載せますので
ご覧になってください。
(↓下の画像をクリックすると記事が大きく表示されます。)

基礎工事チェック

 このように毎月無料で家づくりの情報を郵送しておりますので
もしご希望される方は、メールに住所とお名前をご記入頂き、
「情報希望」と書いて送って下さい。

メールアドレス→info@hadanoie.jp

 ちなみに情報請求頂いても、訪問や連絡等しないことを羽田はお約束します。

次回、
やっと上棟家のブログになります!!ぴかぴか(新しい)
7月23日か24日に更新「予定」ですので、お楽しみにお待ちください。あせあせ(飛び散る汗)

7月8日の上棟に向けて準備完了のはずが…

社長宅の新築日記2009/07/09

 上棟前の最後の工事として、お大工さんが土台伏せをします。

今回、住宅が大きいので、玉井棟梁・馬場棟梁・山岸棟梁の
三人のお大工さんで1日かけて土台伏せをしました。

基礎の上に通気パッキンを置き、その上に土台となる木材を乗せていきます。

土台伏せ1 

土台伏せ2

土台伏せ3

土台伏せが終わったら上棟に使う木材が搬入されてきました。

雨が降っても濡れないようにシートをかけて、木材の保護もばっちりです。手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

上棟の木材

 そして7月8日に上棟exclamation×2
のはずが…

雨で中止!!もうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

週間天気予報をみると今週は雨の日雨が多いので、
7月13日(月)に延期をしました。
さてさて、晴れるでしょうか…

後は天気次第です。

次回は基礎工事のポイントをご紹介しま~す!わーい(嬉しい顔)手(パー)

上棟前の仮設足場工事

社長宅の新築日記2009/07/04

 いよいよ上棟日が迫ってきました。
予定では7月8日(水)です。
ただ雨の場合は延期になります。

 さて、基礎工事が終わったら、玄関の階段やエコキュートの設置台の
コンクリート下地づくりです。

 階段がついただけでなんとなく玄関らしく見えます。↓

玄関の階段

エコキュートの設置台です。↓

エコキュート設置台

 そして次は仮設の足場づくりです。

足場工事は東京ビケ足場さんにお願いしています。
今回の組み立て責任者の野口さんです。

東京ビケ足場 組み立て責任者野口さん

今回の住宅は面積が広いため、足場を組み終わるのに4人で1日掛かりました!!あせあせ(飛び散る汗)

足場途中

足場完成

 次は木の材料を運んで、お大工さんが土台を設置します。
次回もお楽しみに~ぴかぴか(新しい)かわいい 

基礎工事が終わり、次は給排水工事です!

社長宅の新築日記2009/06/25

 天気も良く、仮枠を外す作業も順調に進み、無事基礎工事が終わりました。晴れ

基礎工事が終わったら、次は給排水工事をします。

給排水工事とは、キッチンやお風呂、トイレ等の排水を流すための排水管を通す工事です。

配管工事全体

配管工事埋める

職人さんが一生懸命パイプを埋めています。あせあせ(飛び散る汗)

それと、一番重要な中庭の部分に、雨水が貯まらないように
雨水浸透パイプの工事もしました。

配管工事中庭

『雨水浸透パイプ』とはひらめき

 土に貯まった雨水を外に流すための小さな穴がたくさん空いたパイプです。
これを土の中に埋めるのですが、土が穴からパイプ内に入ってパイプを詰まらせて
しまうことがないように、パイプの周りに特殊なシートを巻きます。
これがろ過の働きをして、パイプ内にろ過された雨水が流れる仕組みになっています。

雨水浸透パイプ

雨水浸透パイプろ過シート

ご参考までに中庭を作るときは雨水浸透パイプを入れるといいですよ。わーい(嬉しい顔)

 次の工事は、仮設足場工事になりますが、細かい仕事もありますのでその都度アップします。グッド(上向き矢印)次回もお楽しみに手(パー)ぴかぴか(新しい)

基礎工事も終盤に入りました!!

社長宅の新築日記2009/06/18

 仮枠の工事も終わり、天気のいい日に二回目のコンクリート工事です。
二回目のコンクリート工事は、季節が梅雨に入り、天気予報とにらめっこしながら
日にちを決めました。

今日は夏のような暑さです。晴れあせあせ(飛び散る汗)

岐南生コンの岡田さん(弊社のお施主様でもあります。)に暑い中頑張って
コンクリートを流し込んで頂きました。

基礎立上ポンプ車ミキサー車

基礎立上生コン流し込む

 コンクリート工事が終わった後、再度、基礎の水平やアンカーボルトの位置が
ずれていないか再チェックです。

水平を測る

ひらめきワンポイントアドバイスひらめき

 基礎の水平やアンカーボルトの位置は住宅の耐震性に大きく影響します。
この時点で住宅の構造計算書がないと、アンカーボルトの正確な位置がでません。
残念ながら、一般住宅では構造計算は任意なので、多くの工務店さんは
アンカーボルトの位置をどのように決めているのか不思議です。

 コンクリート工事後の基礎の表面の綺麗さにはいつも感心します。

コンクリート表面

基礎立上コンクリート打ち完成

 後は必要な養生期間をおいて仮枠を外すのみです。
これで基礎工事の95%ほどが完成しました。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

次回もお楽しみに~手(パー)

基礎工事も中盤まで差し掛かりました!

社長宅の新築日記2009/06/13

 さて、建物の外周部の仮枠ができたので、ついに鉄筋工事に入ります。

鉄筋屋さんは鉄筋を順番に並べて、手際良く工事を進めています。

鉄筋工事前 

鉄筋工事職人さん

ついに鉄筋工事も完成しました。

鉄筋工事

staff沖のコメント目ぴかぴか(新しい)

「職人さんが鉄筋を一本一本丁寧に取り付けているところを見せてもらいました!
初めて生でその職人技を見て、綺麗に並んだ鉄筋の美しさに感動しました!!」

ひらめきワンポイントアドバイスひらめき

 他の多くの工務店さんは、基礎の構造計算はほとんどしていません。
しかし、弊社ではばっちり全棟計算をしており、重要なポイントです。ひらめき

構造計算の詳しい資料は事務所にありますので、内覧会にご来場頂いた時にお声かけ下されば、お見せ致します!!ぜひお声かけ下さいねるんるんわーい(嬉しい顔)

 鉄筋工事が終わったら、キッチンやお風呂の水回りの排水管や給水管の工事をします。
いつも水道工事をしてもらっている加藤管工の加藤社長を紹介します。

加藤社長
加藤管工の加藤社長です。

~加藤社長 工事のこだわりコメント~

「お施主様の工事をする時は、自分の家を造るつもりで、入居後のメンテナンスもしやすいように工事をしています。」

 
 次は、JIO(日本住宅保証機構)の検査です。
鉄筋工事が適切に行われているかどうか検査をしていきます。

JIOさんによる検査

今回は、弊社髙木が検査に立ち会いました。
当然ながら、無事合格しましたexclamation×2わーい(嬉しい顔)

髙木

~施工管理担当 髙木のコメント~

「検査の事前に一通りチェックを終えて、完璧な状態で臨んでいます。
また、検査日時の連絡や、検査後の連絡などもしていますので、
お施主様に安心して頂いています。」
 

 そして、次はコンクリート打ちです!!

ポンプ車とミキサー車を使って、がんがん工事をしています。

ポンプ車とミキサー車

暑い中、汗を流してお疲れ様です!!

コンクリートを流し込む

ひらめきワンポイントアドバイスひらめき

 天気が良く、温度が高いと、コンクリートの固まるスピードが速くなります。晴れ
その為、工務店さんによっては、コンクリートに大量の水を混ぜて、
コンクリートの固まるスピードを遅くして工事をする場合があります。
俗にシャブコンと言いますが、これをすると、コンクリートの強度が弱くなり最悪ですふらふら
気を付けてください!!どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

 季節によって違いますが、コンクリート工事後、一定の養生期間をおいて
引き続き基礎の仮枠工事です。

立ち上がり仮枠準備 

仮枠工事が終わると下の写真のような感じになります。
部屋の間仕切り等が、なんとなくイメージできるようになってきたんじゃないでしょうか。↓

立ち上がり仮枠

そろそろ基礎工事も終盤戦です。次回もお楽しみに~exclamation手(パー)わーい(嬉しい顔)

家お・ま・け家

6月10日に雨楽な家の研修会に行ってきました。

今回の研修会は、ガレージ付きの家の新商品発表などなど、盛りだくさんの内容でした。

リックセミナー

本格的基礎工事 第2弾!!

社長宅の新築日記2009/06/07

 さて、今回は鉄筋工事の前の準備に入ります!!

まずは家の外回りの仮枠工事です。

今回は雨の中、おつかれ様です。

仮枠工事

次に防湿シートを敷きます。

防湿シートを敷くことによって、住宅の床下の湿度が高くならず、
耐久性も上げることができます。

防湿シート

staff沖のコメント目ぴかぴか(新しい)

「下の写真を見て下さい!シートを敷いてたった半日で
こんなにも水滴が付いていました。
家が建ってしまうと隠れてしまうところですが、実際に目で見て、
防湿シートの重要性を実感しました!!」

水滴

次の工事に使う鉄筋も搬入されました。

鉄筋

ひらめきマニアックなワンポイントアドバイスひらめき

「羽田建設では、規格のSD295Aという鉄筋を使用しています。
しかし、法律上は規格の鉄筋を使っているかどうかの検査はありませんので、
工務店さんによっては、コストが安いという理由でリサイクル鉄筋
というものを使用しているところがあります。
でも、リサイクル鉄筋は強度が弱く、あまり質のいいものではありません。
家が建ってしまうと見えないところですが、非常に重要なポイントですexclamation

品番

次回は本格的な鉄筋工事に入ります!また次回をお楽しみに☆手(パー)

本格的基礎工事着工!!

社長宅の新築日記2009/06/04

 さて、工事許可を受けた証の工事看板を設置して、ようやく基礎工事着工ですexclamation×2

工事看板

いつも弊社のお施主様の基礎工事をしてもらっている、
長野建設の恩田社長を紹介します。

恩田社長
長野建設の恩田社長です。

~恩田社長 工事のこだわりコメント~

「基礎工事は住宅の一番重要な部分なので、
基礎の水平(レベル)や直角に、念には念を入れて慎重に工事をしています。」

 まずは掘り方です。
家の外周部を掘っていきます。

基礎工事掘り

さすがexclamationプロexclamation×2

みるみる家の形ができていきます。ぴかぴか(新しい)

基礎工事ならしていく

そして、掘り方終了です。

これで家の形がなんとなくわかりました。家

ただ、この時点では、全てのお施主様が言われるのですが
家がものすごく小さく感じます。

そんなところも、ご自宅を建てる際には、是非感じてみて下さいね。

基礎工事完成

次回からは、鉄筋工事に進んでいきます!お楽しみにしていて下さいexclamation×2わーい(嬉しい顔)手(パー)ぴかぴか(新しい)

工事前の準備に入りました。第2弾!!

社長宅の新築日記2009/05/30

 今日の工事は丁張りです。

丁張りって何?って思われたかもしれません。

丁張りとは、建物の建つ位置のさらに外回りに木で囲いを作り、住宅の基礎工事をしても、建物の位置がわかるようにその木に仮の印をつけていく工事です。

こんな感じです。↓

丁張り全体

 仮とはいっても、建物の位置を決める重要な工事になりますので
当然位置を出すときは真剣に行います。

基礎工事屋さんの宮崎さんと長野さんも真剣に位置を出しています。

丁張り職人さん

今日は暑いですが、社長もタオルをかぶって、陣頭指揮をしています。あせあせ(飛び散る汗)

丁張り社長

 工事の準備も終わり、これから本格的な基礎工事に着工していきます。
次回もお楽しみに!!わーい(嬉しい顔)

工事前の準備に入りました。

社長宅の新築日記2009/05/28

 やっとこれから工事が始まります!!ぴかぴか(新しい)

・・・とは言っても、すぐに工事に入るわけではありません。
いろいろと準備が必要です。

 今回は、まず水の工事です。

工事中は必ず水が必要ですので、仮設水道の工事をしました。

下の写真をご覧下さい。簡単な感じに見えるのですが
水道屋さんが接続や切り離し工事をするので
割と手間がかかります。

仮設水道のじゃぐち

 あと参考までに、この土地では井戸を使っていました。

ただ、今回の住宅は井戸水を使いません。
建て替えなどでたまに、お施主様から「井戸はどうしたらいいですか」という質問を
お受けすることがあります。

私のアドバイスとして、「井戸を埋めると運気が悪くなるので
息抜き用の穴を作っておきましょう」とお答えしております。

ちなみに息抜き用の穴とは、下の写真のような感じです。

井戸の息抜き

井戸のアドバイスの件がご参考になれば幸いです。

次回も引き続き工事のお話をする予定ですので、お楽しみに。わーい(嬉しい顔)手(パー)

浄化槽の補助金の申請に行ってきました。

社長宅の新築日記2009/05/22

 ま~た今週も工事のことが書けませんでした。たらーっ(汗)
工事の着工を首を長くしてお待ちの方、もう少々お待ち下さい!!

 さて、浄化槽の補助金の申請に行ってきました。 
今回の住宅は下水道がないため、浄化槽が必要です。
浄化槽の場合は、どの地域で建てても、市区町村から浄化槽工事代金の一部が補助金としてでます。(ただし笠松町は補助金がありません。)

岐阜市(各務原市も)の場合、浄化槽の補助金の申請は南市役所まで、建てるお施主様が直接行かなければなりません。

そのため、私も直接行ってきたのですが、本人確認のためだけなので書類も簡単ですし、5分くらいで終わってしまいました。

書類はこんな感じです。↓
ご参考にして下さい。

浄化槽補助金申込書

※訂正線は市役所に聞いてこのようにしました。

 最終的な補助金申込の書類は細かく大変ですが、弊社ですべての手続きをフォロー致しますので、浄化槽補助金の申請の必要な方も、手続きに関してはお任せ下さいexclamation

 次回こそは、工事のことを書きたいな…と思っています。あせあせ(飛び散る汗)

ぎふの木を使うと補助金があるんですよ!

社長宅の新築日記2009/05/17

工事の話のその前に。。。役立つ情報ですぴかぴか(新しい)

 今回、私の住宅にも岐阜県産の木を使う計画をしていました。

理由としては、補助金が出るからですが
1番大きな理由は、フラット35の金利が全期間0.2%安くなることに
ものすごく魅力を感じたからです。

ところが断念!!どんっ(衝撃)

理由は、画像を見てもらうとわかると思うのですが…。

ぎふの木

 この制度を利用するには、住宅に使う柱や梁と言われる構造材の80%を
岐阜県産材にする必要があります。

しかし、私が使う予定である、乾燥させた桧の柱は岐阜県産があるのですが、
材木屋さんに確認したところ、乾燥材の梁で岐阜県産のものは杉しかありませんでした。

通常、梁は強度のある松を使うのですが、杉は強度が低く、見た目が黒ずんで見えます。
今回の住宅は全ての梁が見えるので、見た目が悪いということが気になりました。
(色は好みですが…)

 こういった理由で私は岐阜県産の木を使うことを断念をしましたが、このような制度もありますのでよければご参考にして下さい。

次回こそは工事のお話ですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
お楽しみにしていて下さいねexclamation

私も住宅ローンを借りて家を建てます!

社長宅の新築日記2009/05/08

 今回は住宅ローンのお話をしたいと思います。

住宅ローンには様々なものがあり、私もこれまで、お施主様の相談に乗ったりしていろいろなアドバイスをしてきました。

そんな私がついに、自分の住宅ローンを決める番になりました。

 結論から言うと、私は住宅金融支援機構のフラット35Sで借りることにしました。

 金利は3年固定や5年固定よりも高いです。
ただ、15年位前の住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)の金利が5%台だったことを考えると、今の3%台の金利でも決して高いことはありません。

 そして、フラット35Sを使うと当初10年間、金利が0.3%安くなり
そういったメリットも大きいと考えました。
また、新聞の記事によると0.3%の金利優遇が20年に延長される予定なので、さらにメリットが大きくなります。

優良住宅優遇記事

(↑クリックすると記事が読めます。)

…ということで、私も35年ローンを組み、75歳まで住宅ローンの返済を頑張ってしていきたいと思います。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 次回は皆さんお待たせしました!!
やっと工事が始まります!写真もたくさんアップする予定ですので
楽しみにしていて下さいねexclamation×2

家を建てる許可がおりました!!

社長宅の新築日記2009/04/30

ついに建築許可がおりましたexclamation×2ぴかぴか(新しい)

 今回、1か月前に建物の申請をして、ようやく許可がおりました。
実は姉歯事件以来、法律が改正され、建物の申請をしてから許可がおりるまで時間がかかるようになりました。
ですので家づくりをされる方は余裕を持って計画して下さいね。

 初めて家づくりをされる方はこの建築許可証(確認済証)を見たことがないと思いますので、参考までに私の物を載せておきます。

ただし、個人情報の関係で一部モザイクをかけていますことは御了承下さいね。

確認済証

●確認済証とは、
自分の建てる家を検査機関で法律上問題がないか審査してもらい、問題がないともらえる書類です。これがおりないと建築工事に着手できません。

次はローンのお話をする予定です。お楽しみに。

住宅のコンセプト

社長宅の新築日記2009/04/17

今回は住宅のコンセプトの説明を致します。

モデル正面

まず外観のコンセプトですが、昔からの日本人の感覚・感性に合った和風の外観をイメージしつつ、現代風にアレンジした和モダンなデザインにしました。

モデル上

また今回、正面から見た時に家が二棟あるように見せかけて実は中庭をはさんだ一棟という遊び心も取り入れました。

ちなみに右側の和モダンに対して左側の住宅のデザインは京都の町屋風のイメージでデザインしてあります。

デザインが違う二棟を上手く調和させている点にも注目して頂きたいです。

モデル中庭

私がどうしてもこだわっていた部分の一つに中庭があります。
個人的に旅行が好きで、ヨーロッパの古い建築に見られる中庭のある住宅に憧れていたので、それを実現したかったのです。

どの部屋からでも中庭が見えるように設計したので、窓越しに四季の移り変わりを感じられます。
また、この中庭にアッシュ用のプールを作って夏は泳がせたり、宇見を遊ばせたりすれば防犯上も親としては安心です。

『2世帯住宅』
右側の建物が子世帯、左側の建物が親世帯です。
これによってプライバシーが確保されつつ、中廊下でつなげてあるのでコミュニケーションもばっちりです!!

『ペット共生住宅』
中庭にドッグランや足洗い場を作ったり、檜の床にして足の負担を軽くします。
(ただし、床に傷がつきやすいですがたらーっ(汗)

コンセプトはこれらの他にもまだまだたくさんありますが、
それはまた順番に説明していきますね。

モデル左

モデル右

地鎮祭

社長宅の新築日記2009/04/05

2009年3月31日

地鎮祭をしました。

 天気もよく、快晴です。手(チョキ)
この日は先勝で建築吉日でしたのでこの日に地鎮祭をすることにしました。
神主さんは、金神社さんにお願いして来て頂きました。

間取りを考えたりするのに1年ぐらいかかりました~あせあせ(飛び散る汗)
いやぁ~、ここまでの道のりが長かったですダッシュ(走り出すさま)

住宅のコンセプトは中庭のある、2世帯住宅とペット共生住宅です。

全員集合ですexclamation

地鎮祭全員.jpg

しまったexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)アッシュを忘れてたたらーっ(汗)

地鎮祭羽田博人ファミリー.jpg

敷地の四つ角にお清めのお酒とお米と塩を三人で撒いています。

地鎮祭四つ角.jpg

お払いの最後は宇見がビシッとしめてくれましたぴかぴか(新しい)

地鎮祭米まき.jpg

宇見はお払い中、石も撒いていました(笑)

地鎮祭うみくん.jpg

僕の家いつ出来るの?

地盤調査

社長宅の新築日記2009/04/02

2009年3月19日(木)

地盤調査です。

 朝8時から日本住宅保証検査機構(JIO)さんが地盤調査に来てくれました。

JIOワゴン.jpg

このワゴンの中から出てきたのは・・・

JIO地盤調査.jpg

この機械で地盤の固さを図ります。

 地盤調査とは、家が建つ敷地の地盤が固いか軟らかいか調べるために行います。
地盤が軟らかいと、改良工事等の余分な出費がかかるので
調査結果がちょっと心配ですあせあせ(飛び散る汗)

地縄張り

社長宅の新築日記2009/04/02

2009年3月16日(月)

地縄張りをしました。

地縄張り

ここに家が建ちます。

 工事をする前段階で、実際に建つ住宅の位置が分かるように、敷地に縄を張ります。
これをすることによって、建物の東西南北の位置を再確認したり、
各お部屋の窓の位置が隣の家の窓と重なっていないかを確認し、
問題があれば、建物の位置や窓の位置を変更します。

羽田博人の家BLOGはじめました。

社長宅の新築日記2009/04/02

 この度、一級建築士の羽田博人が自分の家を建てることになりました。

どんな家にしようかいろいろ検討した結果、羽田自身が檜の香りのする住宅に住みたいと常々思っており、自然素材の家で建てたかったので、株式会社リックさんの「雨楽な家」が羽田の考えに一番近く、この「雨楽な家」で建てることになりました。

これからBLOGにて、工事工程をどんどんアップしていこうと思いますので、
乞うご期待exclamation×2
(ちなみに文章は羽田が考えたものを沖が打ち込んでおりますので
悪しからずご了承下さい。)

雨楽な家をご検討の方も、これから新築をご検討の方も、
是非ご覧になって下さいねexclamation

株式会社リックさんのホームページは右のリンク集にてご覧になることができます。

羽田建設㈱一級建築士事務所の
3つの約束

約束1
営業活動はせず、
お客様ペースの家づくりをします。
約束2
全国で使える、正しい家づくりの
基準と情報を、セミナーガイドブックで
お伝えします。
約束3
あなたらしいこだわりの注文住宅を、
適正価格で実現できる、自然素材の
性能認定付住宅を自社施工で建てます。

注文住宅建築対応エリア

岐阜県
岐阜市 羽島市 岐南町 笠松町 各務原市 関市 瑞穂市 北方町 大垣市 山県市
愛知県
一宮市

プラン作成や、お見積もりのための
個別相談は、予約制にて行っております!まずは、お問い合わせください。

※来社のご予約をされない場合、お話をお伺いできない事がございます。

  • lineからのお問い合わせクリックしてlineをお友達登録
  • TEL:058-246-9327営業時間/ 9:00~17:00 休業日/火・水・祝日土日は営業しています!クリックすると電話がつながります。
  • メールからのお問い合わせクリックしてお問い合わせフォームへ

プライバシーポリシー