三ツ星工務店 羽田建設㈱一級建築士事務所

MAIL
TEL

建築実例

各務原市 伊藤様邸光と風が踊り、お庭が見渡せる素敵なダイニング。 イギリスでの生活スタイルを帰国後も!

アイボリーの外壁に、三色の瓦でヨーロピアンスタイルのオシャレな外観。LDKの入り口の『アーチ』。L型のLDKで、ダイニングスペースは出窓と掃出し窓の2つ。 奥様の希望通りの光と風が踊り、お庭が見渡せる素敵なダイニングになりました。ダイニングとキッチン、パントリーを一直線に配置。玄関からパントリーへ 直行できるなど、動線、回遊性にも行き届いた配慮があります。

アイボリーの外壁に、濃茶、アイボリー、オレンジの三色の瓦でヨーロピアンスタイルのオシャレな外観。
お施主様のセンスが光ります。
伊藤様ご一家。とても仲のいいご家族です。
外構施工後のエントランス。

リビング・ダイニング

LDKとリビング階段は、アーチ壁でつながっています。
アーチ部分は珪藻土で仕上げました。

23.5帖のLDK。フローリングは”ブラックウォールナット”。ホワイト(アイボリー色)の壁と濃いブラウン色で、
シックのイメージで仕上げました。シンプルで落ち着いた空間になっています。
LDKには床暖房が入ってます。

南側には大きな窓(幅2530mm 高さ2200mm)があり、光と風をたっぷり取り込みます。
LDKはL型で、写真左奥は、ダイニングスペース。

ダイニングから見たリビング。
アーチの奥の扉を開けると廊下とつながっています。

カウンターでは、お子様がお勉強をされたり、ご夫婦がティータイムを楽しんだり…
ここは、家族のふれあいの場所。

ご入居後のご様子。ソファーやテーブルも床の色に合わせてコーディネートされました。素敵ですね♪

写真からも、日差しを取り入れて、とても明るいリビングなのがよくわかります。

カウンターの前から、ダイニングを見ると。

キッチンから見たダイニング。南側には出窓、東側には掃出し窓があり、明るく、風通しのいい、心地よい空間です。

出窓にすると、小物を飾ったり…。雰囲気がまた違ってきます。(ご入居前)

ご入居後、訪問した際にパチリ。

ご入居後のダイニングでのご様子。
ここも、食事を摂るだけでなく、家族団らんの場所になってます。

1階 和室

4.5帖の和室は、扉を開けて開放すればリビングと一体となった空間に。窓越しにお庭を見ることも。
廊下から直接和室へ入ることもできるようにしました。

東の窓からも光がたっぷり入る明るい和室です。

畳は琉球調で壁や天井は落ち着いた暗めの色。
スクエア型のダウンライトで統一感のあるくつろぎ空間です。
扉を閉めれば、独立した客間としても利用できます。

キッチン

奥様お気に入りのキッチンは、木製扉(ウッドワン製)。シンク下は空間になっているので、ゴミ箱をしまうことができます。
浄水器付きのキッチンです。

キッチンとカウンターキャビネットはホワイトで統一しました。シンプルで清潔感があるコーディネートですね。
写真正面奥は、パントリー。

キッチンの木の質感と、シンプルな黒のアイアンの取っ手が、とてもいい雰囲気ですね。
キッチンとダイニングが一直線上にあると、お料理を横移動ですぐに、ラクに配膳できます。

床はテラコッタ風のクッションフロアにしました。タイルのように冷たくなく、やわらかい素材です。
キッチンの背面にカウンターキャビネットがあると、キッチンの使い勝手が断然よくなりますよ。

キッチンのすぐ横にパントリーがあると、必要な食材や調理器具がすぐに取り出せ、とても使いやすいです。

パントリー

3帖と大容量のパントリー。棚もあるので、食材も時々使うホットプレートや調理家電まで、たっぷり収納できます。
正面のピンクのアクセントクロスで、暗くなりがちなパントリーも、こうしてオシャレでちょっと華やいだ空間になります。

パントリーに勝手口があるので、買ったものを直接入れることもできます。もちろん玄関からも直接。
パントリーからキッチン、ダイニングの方向を見ると。

パントリーから廊下に出て、すぐ左が玄関、正面は和室。
勝手口からパントリーへ出入りできるように。

階段・ホール

リビング階段なので、家事をしていても2階へ上がる家族の気配を自然に感じることができます。

2階の廊下、写真左側には本棚を置くスペースに。

トイレの壁は木目調のクロスで、オシャレな空間に。

2階 寝室 ウォーク・イン・クローゼット

8帖の寝室は、グレーに。少し暗い色にして落ち着いた空間に。

南の窓からは、たっぷり光と風が入ります。バルコニーへの出入りもできます。

寝室は温かなオレンジ色(電球色)の照明で空間を演出。

寝室とウォーク・イン・クローゼットは扉で区切ることなく出入りも手間になりません。 カーテンで区切って使うこともできます。
ウォーク・イン・クローゼットは白色(昼白色)の照明で、お洋服の色も変えることなく選びやすいように。

2帖のウォーク・イン・クローゼット。
コの字に洋服をかけられるので、無駄なく収納できます。

バルコニー

寝室前の部分は奥行き約220cmと広く。お布団や洗濯物も余裕で干せます。

2階 子供室

子供室は2部屋をお子様の将来の成長に合わせて、3本引込み戸で区切って使うこともできます。

各部屋に扉とクローゼットがあります。
床はホワイト色で明るいお部屋となっています。

南側6.5帖 子供室。南の窓からバルコニーに出ることができるので、お布団を干すのもラクです。

北側5.5帖 子供室。

北側の子供室にも窓があり、明るいお部屋になっています。

2階 納戸

廊下から見た納戸

4帖の納戸。ネイビー色のアクセントクロスでオシャレな部屋に。じつは、ご主人様の書斎としての利用も考えています。

書斎利用も考えて、窓も設置。書斎 兼 納戸とフレキシブルに使う、こういう考えもあり!ですね。

洗面・風呂・トイレ

3帖の洗面・脱衣室は、物干しスペースとしても。
濃いブラウンの洗面化粧台は1670mmの幅広のもの(パナソニック製)。これなら忙しい朝も、並んで身じたくができます。

鏡の下に照明が。これはちょっとオシャレな洗面台の照明ですね。

洗面脱衣室は、すりガラスのルーバー式窓に。

浴室もホワイトとブラウンで統一。

トイレの扉はスライド式折戸に(写真中央)。廊下の動線を妨げる心配がありません。

階段下収納。季節家電やストック品も十分入ります。

玄関・廊下

ガラスのブロックのオシャレな窓からは、やわらかな光が入ります。

玄関からパントリーまで、直行。
和室へも玄関から、直行。

玄関横の窓からも光と風が入ります。

木目調の玄関ドア

3色の瓦が美しい伊藤様邸。この3色の比率は、適当ではなく、濃茶60%、アイボリー25%、オレンジ15%と計算されたものなんですよ。

お客様からのひとこと

仕事の関係でイギリスで生活をしておりましたが、帰国することになり、日本での家づくりを考え始めました。 初めは、土地がなかなか見つからず、探すのが大変でした。 羽田建設さんのホームページでセミナーを開催していることを知り、土地探しのポイントを教えてもらい、 実際に車でいろいろな土地を見てまわりました。 実際に自分たちの目で様々な土地を見ることで、この土地にしよう!とすぐに決めることができました。 また、資金面でも不安があり、注文住宅にするか建売にするかを迷っていましたが、 羽田建設さんは、資金計画や住宅の性能についても詳しく教えてもらうことができました。 これなら安心してお任せできる!と思い、お願いすることに決めました。 私たちには、イギリスで経験した生活のスタイルを日本でも感じることのできるお家にしたい、という希望がありました。 イギリスでの住まいには出窓があり、イギリスで買った置物を飾って楽しんでいました。 日本でも同じようにしたいと思い、ダイニングに出窓をつくってもらいました。 今は、イギリスで買った置物や季節物を飾って楽しんでいます。 また、イギリスのイメージで室内のどこかにアーチをつくりたいと思っていました。 丸みのあるアーチがとてもお気に入りで、家族全員がよく通る階段とリビングの間にアーチをつくってもらい、 つくって良かったなと満足しています。 床材も無垢材にしたいなと思っていたのですが、 無垢の良いところだけでなく、正直にデメリットも合わせて教えてもらえたので、 自分たちが納得できるような無垢材に近いフローリングを選ぶことができました。 住み始めて、肌触りもやわらかく温かみのある床なので、スリッパを履かずに素足で歩くととても気持ちがいいです。 家を建てた知人に話を聞いても、ここまで細かく何回も打ち合わせをし、 窓の大きさ一つから決めることができる会社はないです。 自分たちで悩んで決めたことがカタチになり、実際に住んでみると達成感や満足感がすごくあります。 やはり、こだわりを実現できる注文住宅にして良かったです。

担当者からのひとこと

伊藤様が弊社を知ったきっかけをお聞きして、びっくりしました。 イギリスで生活されていた頃に弊社のHPを見つけ、資料請求をしていただけたとのことでした。 ご要望のイギリス生活を日本でも実現したいという伊藤様の想いをカタチにするために、 イギリスでの生活スタイルをお聞きしながら、お家づくりをさせていただきました。 そうして設計したのが、光と風が踊り、お庭が見渡せる、素敵なダイニングです。 例えば、イギリスの人はガーデニングが好きですし、お庭を眺めながらのお茶の時間をとても大切にします。 伊藤様邸で、そんな素敵な時間を過ごすことができるのがLDK。その中でも特に、ダイニングスペースです。 日当たりが良くて、風通しが良くて、お庭もよく見えるようにしたい! そこでL型のLDKをご提案。L型の出っ張った部分がダイニングスペースになります。 このL型のメリットは、窓を2箇所以上取付けることができ、光と風をたくさん取り込むことができます。 リビングとダイニングがお庭を囲むような配置。しかも掃出し窓にしたので、どちらからもお庭の木々や草花がよく見えます。 また、キッチンとダイニングを直線上に配置でき、これだとキッチンのすぐ横にダイニングテーブルがくれば、配膳がラクになりますよ。 ダイニングの南側の窓は、『出窓』を設置しました。 奥様はイギリスの置物を置かれたいとのことでしたので、イメージをお聞きし、奥行のある窓を伊藤様と一緒に選びました。 実際にイギリスでご購入された置物などを飾られているところを見せていただき、 お打ち合わせでお聞きしたときのイメージ通りに使っていただけていることを嬉しく思いました。 LDKの入り口の『アーチ』は、伊藤様邸らしさが光っている部分ですね。 お打ち合わせでイメージをお聞きし、現場で実際に伊藤様にお立会いいただいて、 アーチの形を確認していただきながら仕上げました。この部分は珪藻土で、左官の職人さんに仕上げてもらっています。 また、LDKからお庭が見えるお家にしたいというご要望もございました。 リビングとダイニングのどちらからもお庭の自然を楽しみながら、 遊んでいるお子様の様子を見守ることができるように、 実際にご入居ごのお話をお聞きし、リビングにもダイニングにも大きな窓があるため、 光と風がたくさん入り、とても気持ちがいいと言うご感想もお伺いすることができました。 さらに、回遊性の良い間取りの工夫をしました。 買い物から帰ってきたときには、直接廊下からパントリーへ入れるようになっています。 お客様が訪問されたときは、LDKを通ることなく廊下から和室へ直接ご案内できるようになっています。 ご入居後に訪問させていただき、明るく素敵なご家族の笑顔の絶えないお家づくりのお手伝いを することができのだと思うと、とても嬉しくなりました。 これからの日本での生活もご家族で楽しい思い出をたくさんつくっていただきたいですね。

羽田建設㈱一級建築士事務所の
3つの約束

約束1
営業活動はせず、
お客様ペースの家づくりをします。
約束2
全国で使える、正しい家づくりの
基準と情報を、セミナーガイドブックで
お伝えします。
約束3
あなたらしいこだわりの注文住宅を、
適正価格で実現できる、自然素材の
性能認定付住宅を自社施工で建てます。

注文住宅建築対応エリア

岐阜県
岐阜市 羽島市 岐南町 笠松町 各務原市関市 瑞穂市 北方町 大垣市 美濃市
山県市 本巣町 大野町 池田町
愛知県
一宮市

プラン作成や、お見積もりのための
個別相談は、予約制にて行っております!まずは、お問い合わせください。

※来社のご予約をされない場合、お話をお伺いできない事がございます。

  • TEL:058-246-9327営業時間/ 9:00~17:00 休業日/火・水・祝日土日は営業しています!クリックすると電話がつながります。
  • メールからのお問い合わせクリックしてお問い合わせフォームへ

プライバシーポリシー